ピコレーザーでタトゥー除去することができました

20代前半で一箇所タトゥーを入れました

若気の至りだと言えばそれまでなのですが、20代前半で一箇所タトゥーを入れました。
当時は特に深く考えずに、アクセサリー感覚でした。
仲の良い友人もタトゥーを入れていて、それがとてもかっこよく見えていました。
ただ親に見られたらうるさく言われるということだけは分かっていたので、普段は見えないわき腹に入れました。
水着を着ても隠れる場所にしたので、生活には何の問題も無いとその時は軽く考えていました。
色は黒色で、デザインも自分の希望を取り入れたものにしました。
入れた当時は気に入っていましたが、それから年月が経過して肌にハリが無くなってくるとかっこいいとは思えなくなっていきます。
そして誰にも見られないと思っていたのですが、交際相手となる人には見られることになります。
タトゥーを入れた後の交際相手の一人がタトゥーを見て明らかに引いていたことを覚えています。
アクセサリー感覚で入れただけだと説明しましたが、結局その後その交際相手とは長く続きませんでした。
その時恥ずかしながら初めて、タトゥーはこんなにも抵抗感を抱かせるものなのだと知りました。
それから恋愛にも積極的にはなれませんでしたし、年月が経過するにつれてタトゥーが嫌になってきました。

20代前半で一箇所タトゥーを入れました : 3回ほど受けるとかなりタトゥーが目立たなくなった : もう二度とタトゥーを入れずに生活します

| 広島プルミエクリニックへ